モダンな技術でマルチチャネルやマルチデバイス対応、セキュリティー強化

ヘッドレスCMS
構築・運用サービス

ヘッドレスCMSは、セキュリティーの観点から従来型CMSからのリプレイスや、サイロ化したコンテンツの統合、同一コンテンツの効率的な利用におすすめです。

ヘッドレスCMS構築・運用サービス
Introduction

ヘッドレスCMSでモダンな表現と、チャネルやデバイスを跨いだコンテンツ活用

ヘッドレスCMSが、従来のCMSと大きく違う点は、APIの連携により、すべてのチャネルやデバイスに実行できるように設計されている点です。

このチャネルやデバイスを跨いだコンテンツ活用は、ヘッドレスCMSはコンテンツ管理と配信機能を分離している仕組みだからこそ実現できます。

マルチチャンネルやマルチデバイスへの配信を選択・変更して同一コンテンツを再利用した展開が可能です。

このコンテンツ管理と配信機能が分離されている設計は、企業やブランドにさまざまなメリットを与えます。

また、ヘッドレスCMSではテキスト、数字、日付、場所、画像や動画、リンクなどのコンテンツタイプを管理することができます。カスタムコンテンツタイプを作成し、個々のフィールドに対して、柔軟な階層と参照関係を構築することができます。

Merit

ヘッドレスCMSのメリット

モダンな技術でモダンな表現

フロントエンドはどんな言語でも実装することができ、よりモダンな表現が可能になります。サイトのデザインを充実させ、UIとUXをテストし、適切な連携を実現。

複数デバイス、マルチチャネルの間でコンテンツの一貫性を確保

複数デバイス、マルチチャネルへのコンテンツ配信、デバイスやチャネルごとに様々なCMSが存在している企業ではヘッドレスCMSを導入することでマルチチャンネルやマルチデバイスへの配信を可能にします。

サイロ化したコンテンツを一元管理

アプリやwebサイトなど複数の管理システムにバラバラに散財するコンテンツを一元管理します。コンテンツの再利用にも便利です。

サイトパフォーマンスの向上とSEO対策

ヘッドレスCMSのヘッドレスCMS表示速度の速さは、静的なWebサイトの利点。UX向上のために必要な指標であるCore Web Vitalsの改善につながり、検索順位の改善に。

FLOURISHではヘッドレスCMSの導入に向けたコンサルティング、設計・企画、デザイン制作、構築、さらにはヘッドレスCMSを活用したマーケティング施策の提案・実施までクライアント企業の要望に合わせて対応致します。

サイロ化したコンテンツの統合、キャンペーンでのモダンな表現やマルチデバイスへの配信、POPUP店舗への同一コンテンツの再利用、地域や文化に合わせたコンテンツ配信など様々な課題の解決にヘッドレスCMSはいかがでしょうか。

Our Features

企業・ブランドに寄り添い、
マーケティング業務に新しい風を

01

新しいテクノロジーの活用

マーケティングは少しずつ変化し、10年後は活用するツールも技術も、デザインのトレンドも変わっています。

技術やエンドユーザの変化に合わせ、マーケティング施策を考えます。

02

コンテンツの効率的な活用

消費者の生活も多様化し、様々なデバイスと様々なチャネルに対応していく必要があります。

アプリ、Webサイト、メールマガジンなどのチャネルごとにコンテンツを作り、更新する重複作業を効率化。

03

マーケティング運用の効率化

UI/UXやMAやCRMなどと組み合わせが欠かせない近年のマーケティング活動では、ページを制作する度にエンジニアの工数がかかります。

編集者やエディターが更新してもモダンなページになる仕組みを提案します。

04

中長期的な戦略のコンサル

マーケティングは変化していくものなので、中長期の戦略を見据えた上で、ベストプラクティスな方法をご提案します。

05

ブランドディングへの理解

フロントエンドのデザイン性は消費者に与える影響が大きく、クオリティが求められます。

ブランディング戦略に基づき、ブランディングの開発要素でもあるWebサイトなどのフロントエンドを制作します。

06

CRMやMAとの連携

LTVを上げる施策としてはCRMの活用が、リードの掘り起こしにはMAの活用が、効率的です。

HeadlessCMSとデジタルツールを効率的に組み合わせて使うことで、マーケティング業務自体のデジタル化につながります。

Usecase

技術力への挑戦と、パフォーマンス向上

マーケティングの技術力を活かせるヘッドレスCMS

headlessCMS「Contentful」を導入したヨーロッパの大手放送局では、数十のCMSに散在し、新しい顧客満足のいく機能を構築していくために時間を費やせない課題がありました。

数十のCMSを活用していくことを計画し、実施を管理することに多大なリソースが必要なことはマーケティング経験者であれば、想像は難しくないでしょう。

新しいマーケティング機能や技術を試すアイディアさえ生み出せない状況になってしまう要因になります。

新しい統合コンテンツ管理システムでコンテンツを一元的にキュレートし、コンテンツ配信を分離する方法を検討し、headless CMS「Contentful」を採用しました。

重複している無限のリポジトリと維持に時間を浪費することから解放されました。

大規模なモノリシックなCMSでは実験と反復を高速に行うには、CMS自体がコンテンツの管理、配信、表示まであまりに多くの機能を統合しているためリスクが伴います。

HeadlessCMS 「Contentful」は、優れたAPIを介してコンテンツとサービスを統合している点で、検証をしやすい利点があります。

Contentfulの導入により、さらに常に新しい機能を提供して試すことができ、視聴者の変化するニーズに対応できる体制を構築することに成功しています。

    主な改善
  • 数十のCMSに散在するコンテンツの管理と運用への工数を削減
  • 新しい機能の検証をスピーディーに繰り返せる環境構築
  • ユーザーが満足する新しい機能を構築して提供するリソースの確保

新しいマーケティング戦術の導入を可能に、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)も改善

ベルギーのDegroof Petercamでは、6つの公開Webサイトがあり、それぞれに独自のデータベースとサイロ化されたコンテンツを持っていました。カスタマージャーニーに基づいて、訪問者に対してのアクションも構築されていなかったです。

さらに、SEOの対策が不十分なため、検索ランキングが低く、トラフィックが少なかったのです。

さらにサイトが6つも存在するとガバナンスはサイトごとに異なり、費用がかかり非効率的でした。

HeadlessCMSへのレイプレス及び統合に向けて、検索エンジンのインデックスを向上させるための新しいメタデータを含め、SEOを改善するために内部構造を整理。

UI/UXも作り直され、改善されました。再構築前よりもはるかに高速に読み込まれ、静的なWebサイトの利点を取り入れます。

Webのトラフィックと検索ランキングは上昇し、SEOは大幅に向上しています。

    主な改善
  • 新しいマーケティング戦術の導入
  • SEOの改善
  • コアウェブバイタル(Core Web Vitals)の改善
  • 6つのマーケティングWebサイトとデジタル資産を統合

トラフィック増加に対する安定したパフォーマンス

NBAチームはファンのためにウェブとネイティブアプリの提供をしていましたが、スケーラブルなコンテンツソリューションと配信のパフォーマンスが必要でした。

試合が行われる当日に、Webアプリの速度とパフォーマンスが維持されることが大きな課題となっていました。

HeadlessCMS「Contentful」のコンテンツ配信APIは、安定した配信を提供し、ウェブサイトとアプリの使用が増加したことに成功しました。

また、Webサイト開発とイベントプロモーションに取り組むことに専念している開発者とマーケターはごくわずかです。

運用に関してはロー/ノーコード環境で、わかりやすい編集インターフェースが必要で下。導入後、オンボーディングもスムーズに行えたことでコンテンツの作成と公開が計画通りに行われています。

    主な改善
  • トラフィックに対してのパフォーマンス維持
ヘッドレスCMS構築・運用サービスユースケース

お仕事のご相談やお見積もり、
ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

Flow

制作の流れ

01

現状把握

クライアントのサービスやブランドについて理解を深めます。その上で競合サービスのUI/UXをリサーチし、顧客についてイメージを膨らませます。

現時点での取り組み状況の確認、ビジネス面での課題や方向性などについて確認します。

  • サービスやブランドへの理解
  • ユーザーやターゲットを把握
02

課題の設定

ユーザーの行動やサービス利用にあたって、理想と現実のギャップを課題化します。マーケティング戦略として数字的な目標に関しての達成度合い、マーケティング業務の運用面の効率化に関しても現状と課題を抽出します。

  • ビジネス面での課題の擦り合わせと共有
  • 運用面での課題の擦り合わせと共有
03

課題に対する改善・施策立案

課題化した問題に対して解決の方向性と具体的な打ち手に考えていきます。どの施策をどのタイミングで行うかといったフェージングも行います。

  • 課題に対する施策の方向性
  • 具体的な解決策の立案
  • 運用フロー立案
  • 施策実施のプラン
04

実施

解決の方向性とスケジュールに基づいて、ヘッドレスCMSを活用したWebサイトなどの構築、ツール連携を実施いたします。

  • デザイン制作
  • 運用フローの構築
  • マーケティングツールとの連携
  • ヘッドレスCMSのセットアップ構築
  • 既存のコンテンツの移行
05

運用・測定

SEO対策や、新しいマーケティング手法の導入などに対して定期的に運用や測定を行うことが可能です。

  • マーケティング施策の運用・実施
  • 運用結果の報告
FAQ

よくある質問

ヘッドレスCMSはコンテンツ管理インフラストラクチャー(コンテンツ管理レイヤー)を提供します。

Webサイトを作成するには、表示レイヤーであるフロントエンドをコーディングし、APIからコンテンツを読み込む必要があります。

ヘッドレスCMSは、Webサイト、モバイルアプリ、またはその他のチャネルにもコンテンツを更新・配信できるプラットフォームです。

すでにWebサイトを構築している場合は、ヘッドレスCMSを使用して、Webサイトに使用しているコンテンツを移行し、管理することができます。

ヘッドレスCMSのセットアップと個別の開発(各チャネルでのフロントエンドの開発)は、大変な作業のように思えるかもしれませんが、柔軟性があり、高速で新しい機能の実証ができるなどのメリットがあります。

中長期的を見据えると、コンテンツを管理するためのバックエンドの時間と手間を節約します。

FLOURISHでは、ヘッドレスCMSを使ったコンテンツ管理とフロントエンド開発を行っています。

CMSは、コンテンツ管理(管理レイヤー)からコンテンツ配信(表示レイヤー)までを管理しています。

ヘッドレスCMSは、コンテンツ配信(表示レイヤー)に関しては分離されています。

そのため、フロントエンド(表示レイヤー)にとらわれず、コンテンツをあらゆるプラットフォームで活用できます。

従来のCMSの良さは、コンテンツ管理からコンテンツ配信までをコントロールできる部分にありますが、近年はチャネルが増えてしまい、CMSの乱立に伴いコンテンツが散在しているケースもあります。

乱立したCMSのコンテンツを一元管理するという観点でもヘッドレスCMSは注目されています。

2003年に登場したWordPressは、脆弱性を攻撃されるハッキング被害が多発しています。リスクを知った上で対策をとることで、攻撃からWordPressを守ることが可能です。

リスクはゼロにはなりませんが、限りなくゼロに近く軽減することができます。しかし、ヘッドレスCMSの方が安全ということは言えるでしょう。

ヘッドレスCMSでは、コンテンツと配信が分離されていて、ハッカーから攻撃されにくい構造になっています。つまり、ヘッドレスCMSはビルド時に静的ページを生成されているので、なかなかヘッドレスCMSのコンテンツ管理システム(管理レイヤー)にアタックしにくいのです。

テキスト、数字、日付、場所、画像や動画、参照などを管理することができます。

Contentfulのテンプレートスペースの1つは、製品カタログ用であり、次のもので構成されています。

  • カテゴリー:製品のカテゴリー
  • ブランド:ブランド名
  • 商品:販売アイテム(カテゴリーとブランドを参照します)

ブランドコンテンツタイプは次のフィールドで構成されています。

  • 会社名:テキストフィールド
  • ロゴ:メディアフィールド
  • 説明:ブランドの説明。長いテキストフィールド
  • Webサイト、Twitter、Eメール:ブランドの連絡先の詳細を保持する3つのテキストフィールド。
  • 電話番号:テキストフィールド。リストを追加できるフィールドです。
ヘッドレスCMSコンテンツタイプ

サイロ化されたコンテンツの統合、複数の顧客のタッチポイントとチャネルにコンテンツへの配信に向いています。

さらない技術スタックが大きくなるほど、影響力のあるコンテンツを公開するまでにかかる時間が長くなります。

モジュール式の柔軟なコンテンツプラットフォームは、ワークフローにも適用し、効率的な運用を可能にします。

ヘッドレスCMS以外でも、独自CMSの開発、WordPressを使ったサイト構築、LP制作やコーディングなど実績があります。

FLOURISHではマーケティングに付随した戦略と戦術、実施に対応致します。

ブランディング戦略に基づいたマーケティング戦略立案やマーケティング戦術と実施に関しても一緒に考えることができます。

制作やデザインにおいても、すでに策定されたブランディング戦略やマーケティング戦略を理解して取り組みます。

お仕事のご相談やお見積もり、
ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。