マイクロサイトとランディングページの違いとメリット

マイクロサイトとランディングページの違いとメリット

広告運用やキャンペーンのためにランディングページの制作が主流でした。いつからか短期的なプロモーション目的で作るランディングページより、マイクロサイトというものが理にかなう場合も発生していました。今回はデジタルマーケティングの世界ではあまり知られていないマイクロサイトの定義、マイクロサイトとランディングページの違いとそれぞれのメリットを紹介します。

マイクロサイトとは

マイクロサイトとは、通常のコーポレートサイトとランディングページの間のような存在です。企画していたら、マイクロサイトが理にかなっていて知らずのうちにマイクロサイトを運用しているケースもあるのではないでしょうか。

マイクロサイトでは、1 つのトピックを集中的に訴求することができ、ターゲットに情報をセグメント化して配信することができます。たとえば、会議を主催する組織や協会が、公式のWeb サイトとは別に、会員登録と情報のために別のWeb サイト(マイクロサイト)を持つことは珍しくありません。

他には、複数の自動車販売店を所有している場合は、販売店のごとにWebサイトが必要な場合は、マイクロサイトが適していることもあるでしょう。

ブランドの観点から、コーポレートとは別にマイクサイトを持つことが理にかなっている場合があります。

マイクロサイトとランディングページの違い

マイクロサイトに関してはなんとなくイメージを掴めたと思いますが、ランディングページとの違いを明確していきましょう。

最も単純なマイクロサイトの定義は、追加のドメインまたはサブドメインを使用し、独自のナビゲーション、デザイン、およびコンテンツを持っているというものです。この機能により、マイクロサイトには複数のページで構成されていることが多いでしょう。

一方、ランディングページは 1 ページのみを使用し、メインの Web サイト内で公開されます。

類似点として、マイクロサイトとランディングページはどちらも、マーケティングやキャンペーンなどの特定の目的で使用されます。

通常、マイクロサイトはブランド認知のために使用され、ランディング ページはコンバージョン目的で使用されます。また、短期的なキャンペーンに使用されるランディングページは一時的に公開され、マイクロサイトは中長期的に使用されるケースが多くなります。

マイクロサイトの特長

マイクロサイトは、ランディング ページとウェブサイトのハイブリッドのようなものですが、ランディングページとは使用目的は違い、ブランド認知を目的に活用することが適しています。つまり、マイクロサイトは、短期というより中長期的な資産として捉えて運用する方がいいでしょう。 コーポレートサイトのサブドメインに存在することが多いでしょう。Web サイトとは完全に別の URL がある場合もありますが、Web サイト内のミニサイトのように機能します。 例えば、広範なコーポレートサイトのどこかに新製品を掲載するのではなく、マイクロサイトで具体的に宣伝することを目的に使用します。

マイクロサイトでは、メインサイトとは異なるナビゲーション、デザイン、体験を構成することができます。コンバージョンを促進する場合としない場合がありますが、複数の行動を促すフレーズ (CTA)があります。通常、トピックに関する役立つ情報のコレクションが含まれ、効果的に消費者を教育し、ブランドの認知度を高め、信頼を確立することができます。

マイクロサイトの活用シーン

  • 特定の製品発売までのカウントダウン

  • 特定のトピックについて聴衆を教育する

  • 今後のイベントへの関心を高める

  • 新しいメッセージで検索エンジンの特定のオーディエンスをターゲットにする

マイクロサイトのメリット

  • 特定の製品、サービスに絞ったコンテンツを行い、ブランドの認知度を高めることができる

  • 新しいメッセージでオーガニックトラフィックをページにもたらす

  • わかりやすく、魅力的なストーリーを伝えることができる

  • サイトの訪問者に次のページへ誘導することができる

  • コーポレートサイトのテンプレートを引き継がずに、より創造的なサイト構築が可能

他にもコーポレートサイトをリニューアルしたいけれども、リスクがある場合などにマイクロサイトはとても便利です。マーケティング担当者などが不在の場合、サイトの全体像が掴めず、外部ベンダーへの情報共有も不慣れなものとなります。その状態でリニューアルすると、有用なコンテンツを削除してしまい、SEOのバランスを崩してしまう可能性があります。そういった場合はマイクロサイトでコンバージョンを最大化するなど成功を積み重ねてからコーポレートサイトのリニューアルを検討するのも良いでしょう。

マイクロサイトのデメリット

  • ブランディングがされていない場合は、訪問者を混乱させたり、コーポレートのブランド力を引き継げなかったりする

  • 新規のCMSの導入やバックエンドのメンテナンス、マーケティングツールとの連携が必要になる

  • 追加のドメイン、サブドメインの取得が必要

ランディングページの特長

ランディングページはコンバージョンを目的に使用されます。そのため、訴求ポイントは絞られて、行動を促すフレーズ(CTA)も 1つしかありません。ランディングページは、Web サイトのドメインに基づいて作成され、コーポレートサイト上の単一のページです。ナビゲーションは配置されておらず、ユーザーがページから離れる可能性のあるリンクはありません。

ランディングページの活用シーン

  • ウェビナーやイベントへの登録を訪問者に促す

  • 無料ダウンロードを宣伝してメーリングリストを増やす

  • 無料トライアルまたはデモにサインアップするようユーザーに促す

  • 新しい製品やサービスを宣伝する

  • 景品やコンテストなどのキャンペーンへの参加を促す

  • 行動を促すフレーズ (CTA)を使用して、e コマースのセールを宣伝する

ランディングページのメリット

  • 比較的少ない時間と費用で作成できる

  • 追加のドメインを購入する必要がない

  • ROI を簡単に測定できる(目的がコンバージョンに絞られ明確である)

  • マーケティングツールに簡単に接続できる(コーポレートサイトの一部であり、接続できるようにコーポレートサイトが作られていることが前提)

ランディングページのデメリット

  • 情報が限られる(一部の訪問者の不満につながる可能性がある)

  • 引き付ける方法でストーリーを伝えることは、より困難になる可能性がある

  • プロモーション メール、PPC 広告、ソーシャル メディアの投稿、またはその他のマーケティング活動を通じてのみアクセスできる(離脱した場合に戻れないことがある)

マイクロサイト、ランディングページ、どっちを使用する?

ランディング ページとマイクロサイトのどちらを使用するかを決定する場合は、チームの規模、キャンペーン タイプ、および予算を確認する必要があります。 マイクロサイトはブランドの認知度を高めるのに最適ですが、ランディング ページはコンバージョンに最適です。

マイクロサイトの作り方

Web サイトを構築するのと同じように、独自のマイクロサイトを作成するのは簡単ではありません。Web デザインのスキルと技術的な知識を備えた専門家が必要です。特にデジタルマーケティングに使用する場合は、マイクロサイトの開発戦略も必要になります。これは、親Webサイトが提供するものとはまったく異なります。 まず、マイクロサイトを構築する目的を理解する必要があります。次に、使用するドメイン名を決定して購入する必要があります。また、他のマイクロサイトの例や競合他社のマイクロサイトを調査して、デザインとインターフェースをどのように差別化できるかを確認する必要があります。

ページ数、ナビゲーション、行動を促すフレーズ(CTA)、ソーシャル メディアなど、多くの機能を確立する必要があるため、マイクロサイトの作成の設計部分は最も重要です。 コンテンツを作成して戦略的にマイクロサイトに配置できるのは、デザインが完成した後です。その後、マイクロサイトを最終的に立ち上げる前に、使用する分析ツールやその他のデジタル マーケティング ツールに接続することができます。

    お仕事の依頼、取材など
    お気軽にお問い合わせください。

    CONTACT